漫画ネタバレ

レス~してくれれば、しなかった~【ネタバレまとめ】無料で読む方法

レス~してくれれば、しなかった~画像

レス~してくれれば、しなかった~
1話から最新話まで全話ネタバレしています。
(つかさき有/大泉りか作)


期間限定で第1巻が完全無料です。
(まんが王国の独占配信)

レス~してくれれば、しなかった~あらすじ

レス~してくれれば、しなかった~-TOP画像

 

「そろそろ子供だって欲しいし」

「セックスだってもっとして欲しい・・・」

 

結婚して3年の『冬』は普通にセックスをして欲しい30代の女性。

 

でも夫は、

お盆とクリスマスと誕生日にしか、

エッチをしてくれないのです。

 

夫が妻とセックスしない理由はED。

格好悪い姿を妻に見せたくなかったのです。

 

妻のためにアソコを立てようとして、夫が見つけたのはSMアダルトチャット。

 

メッセージのやり取りだけで終わるはずだったのに、すっかりチャットにハマってしまった夫は、知らない女性とリアルに会うことに。

 

「俺には妻がいる・・・」

「浮気は出来ない・・・」

 

最初はそう思っていたのに・・・

 

登場人物

向井 冬(むかいふゆ)

  • 33歳の会社員
  • 夫の隆也と結婚して3年目
  • 結婚当初からセックスレス悩んでいる

向井 隆也(むかいたかや)

  • 冬の夫
  • 優しく家事も手伝ってくれる“いい夫”
  • しかし、冬に言えない悩みを抱えている

1巻が完全無料で読めます

無料試し読みはこちら

※「レス」と検索して下さい

タップするとお好きなネタバレに移動します

1巻 2巻 3巻 4巻
5巻 6巻 7巻 8巻
9巻 10巻 11巻 12巻
13巻 14巻 15巻 感想

1巻ネタバレ 求められない切なさ

 

「私たちって…」

「セックスレスなの…⁉」

 

向井冬は夫の隆也と

学生の時からの付き合いで

結婚して3年目の夫婦。

 

優しい隆也は、まさに“理想の夫”

 

でも、

冬にはひとつだけ

不満があるのでした。

 

 

それは結婚してから
セックスをしてくれなくなった
こと。

 

あったとしても年に3~4回しか
してくれないのです。

 

(もう隆也は私に)

(女としての魅力を感じないのかな・・・)

(そろそろ子供のことも真剣に考えたいのに…)

 

そう思って誘っても、

「仕事残ってるから」

夫は自分の部屋に行ってしまうのです。

 

悩んだ冬は友達の柚子に相談。

 

お風呂上りの隆也を

「セクシーな下着で誘ってみれば?」

という作戦を試してみるも、

 

「待って!」

「ちょっと待ってってば!」

「ほんとムリだから!!」

 

作戦は見事に大失敗・・・

 

本気で拒否してくる隆也の言葉に傷ついた冬は、思わず

 

「いつなら抱いてくれるの⁉」

「いつからセックスしてないと思ってるの?」

 

夫に抱えていた悩みを
ぶつけてしまったのです。

 

 

(“無理”なんて)

(あんまりだよ…)

 

女として求めてもらえない悲しみに

夫がいなくなった部屋でひとり、

声を殺して泣くのでした。

 

無料試し読みはこちら

 

2巻ネタバレ 誰でもいいわけじゃない

レス~してくれれば、しなかった~2話ネタバレ

 

翌朝

冬がソファで目覚めると

隆也はすでに出勤した後。

 

昨夜の出来事を思い出すと、

 

(私は隆也の顔を見れるかな・・・)

(隆也は私を見てくれるかな・・・)

 

不安が大きくなりすぎて
ため息をついてしまうのでした。

 

(このまま夜を迎えるのが怖い・・・)

(怖いけど、このまま落ち込んでなどいられないっ)

 

冬は勇気を出して
隆也にメールを送るのでした。

 

 

夕食を外で一緒に食べる約束をして
それまで時間が空いてしまった冬。

 

ヒマつぶしがてら
昼間の新宿をブラブラと歩くことに。

 

歩いていると

”当店にはセックスレスで欲求不満の人妻がたくさん働いています”

という風俗店の看板を見つけて、

思わず立ち止まってしまうのです。

 

 

(セックスレスだからって)

(こうゆうお店で働く人もいるんだ…)

 

 

この雑居ビルには
地下へ続く階段があり、

昼間から営業してるお店って何?

そう思ってじっくりと見てみると、

“Joy gasm”(ジョーガズム)という名前の会員制のバーでした。

 

(こんな明るいうちから)

(バーが開いているなんて不思議)

 

 

「あの」

 

じっくりと看板を見てる冬に
声をかけてきたスーツ姿の中年男性。

 

一緒に地下のバーに同伴しませんか?

と誘われてしまうのです。

 

「どんなお店なのか?」

もわからずに
ポカーンとしていると、

 

ここは“ハプニングバー”といって

“集まった男女が客同士で性的な行為にいたる場所”

と教えてくれたのでした。

 

他人同士でセックスするなんて信じられないっ・・・

 

冬は慌てて男の手を振りほどき、

急いでこの場所から走って逃げるのでした。

 

 

でも、

隆也と夕食を食べながら

 

(もしも)

(あのまま、ついて行っていたら…)

 

 

あの時、

声をかけてきた見知らぬ男に

抱かれるている自分の姿を

想像してしまうのだった・・・

 

無料試し読みはこちら

3巻ネタバレ 今あたし…モテキ⁉

レス~してくれれば、しなかった~3話ネタバレ

 

(誰でもいいわけじゃない)

(私は隆也とセックスがしたい!)

 

そう思っていた冬。

 

でも、

柚子と見に行った舞台で

前に行ったお店のバーテンが

役者として出演しているのを見て

 

(あんなキレイな胸に抱かれたら・・・)

 

夫ではない男とのセックスを

妄想してしまうのでした。

 

 

柚子の提案で

“男目線のアドバイスをもらおう”

と智樹のバーを訪れた2人。

 

舞台で見た智樹の美しい裸が

今でも頭から離れない冬は、

思い出して意識してしまって

智樹と目を合わせられないのです。

 

柚子がトイレに行ってる間に

お会計をしていた冬。

 

「先週、どうでした?」

「セックスできました?」

 

智樹は冬の耳元に顔を近づけ

聞いてくるのです。

 

恥ずかしくて顔を真っ赤にしてる冬。

そして、

冬の反応でセックスレスのままだ

と確信した智樹は、

 

自分でよければ
いつでも相手しますよ

 

いい仕事するって
言われるんですよ。

 

人妻の冬を誘ってくるのでした。

 

その時、

冬の夫は自分の部屋で

PCを開き・・・

 

無料試し読みはこちら

4巻ネタバレ 運命を狂わせる出会い

レス~してくれれば、しなかった~4話ネタバレ

 

冬が柚子と飲みに行っていた夜。

自宅でパソコンの画面を見ていた隆也。

 

開いていたのは

アダルトチャットで、

顔の見えない相手と

エッチな会話をしていたのでした。

 

 

『俺にペ◯スで喉奥まで犯されている気分はどうだ?』

『苦しいか?』

 

 

過激なメッセージが飛び交うチャット。

智樹の相手は、

ミヤという27才の女性。

 

冬にセクシーな下着で誘われたあの日の夜。

 

部屋に逃げ込んだ隆也は

頭を抱えていました。

 

なぜなら

妻とセックスしたくても

できなかったから・・・

 

(俺だって本当は冬を抱いてやりたい・・・)

 

そう思ってるのに、

いつからか簡単には

勃たなくなってしまった下半身。

 

冬に求められるたびに

隆也はストレスを感じていたのです。

 

 

そんな時

興味本位で訪れたアダルトチャットで

生粋のMのミヤと出会い、

彼女とのチャットセックスで

数ヶ月ぶりにイクことのできたのでした。

 

 

ミヤを乱暴に犯すのを想像すると

強烈な快感が隆也の支配欲に火をつけ、

勃起したアソコを握ったのでした。

 

久しぶりに大きくなったアソコの感覚と

勢いよく体液が飛び出し、イった感覚。

 

(冬では勃たないけど、チャットではイケるなんて、口が裂けても言えない)

 

頭ではわかっていても、

イクことが出来て男の自信を取り戻した隆也は

ミヤとのチャットセックスに

どんどんのめり込んでしまうのでした・・・

 

無料試し読みはこちら

5巻ネタバレ 知りたくなった夫のヒミツ

レス~してくれれば、しなかった~5話ネタバレ

 

『どうしてもガマンできなくなったら』

『いつでも相手しますよ』

 

あの夜の智樹の言葉が、

今でも頭から離れない冬。

 

 

育休中の後輩が

夫のグチを吐くのを聞いて

イライラしてしまうのでした。

 

 

(私はセックスすら)

(してもらえないのに…)

 

 

規則正しくやってくる生理も

全てがわずらわしく感じてしまうのです。

 

 

(イヤな女になっている自分に)

(嫌気がさす…)

 

自分にだって

夫と子供と過ごす時間が

当たり前に訪れると思っていたのに…

 

考えれば考えるほど
気分は沈んでいくのでした。

 

仕事が終わり
隆也より先に帰宅した冬。

 

前に新宿で見つけた

ハプニングバーの“ジョーガズム”を

興味本位で調べてみることにしたのでした。

 

 

スマホの充電が切れそうだったので

隆也のパソコンで検索してみると、

イベントも色々やっているのを知り

 

(柚子を誘って行ってみようかな?)

 

と考えるのでした。

 

さすがに“ハプニングバー”を検索していたことが

隆也にバレたらヤバイなと考えた冬は

履歴を消すことに。

 

 

“履歴”をクリックした時、

パッと目の前に現れた文字に

固まってしまうのです。

 

 

そこには…

 

『SMの館』

 

『S男×M女 生チャット』

 

『アダルトチャットクラブ』

 

隆也が見ていたであろう

数々のSM関連のアダルトサイトのホームページに青ざめてしまう冬。

 

 

(SM…チャット…)

(これを隆也が見ていたの…⁉)

 

ドキン…

ドキン…

 

高鳴る鼓動を

おさえることが

できないのだった。

 

無料試し読みはこちら

 

6巻ネタバレ 嘘であってほしい

レス~してくれれば、しなかった~6話ネタバレ

 

(私は隆也のヒミツを)

(知ってしまったんだ…)

 

普段と変わらない様子で

夕食を食べている隆也。

 

でも、

SMが好きだったなんて…

ほんとなの・・・?

冬はイメージができず、困惑してしまうのです。

 

しかし、

先ほどの履歴を写真に残していた冬が

こっそりとホームページを調べると

そこはやはり過激なSMサイト。

 

 

縄で縛られた女が
男のアソコを咥えていたり、

カラダにロウを垂らされたり…

 

衝撃的な映像に

顔は引きつってしまうのです。

 

(気色悪い・・・)

(こんな、変態みたいなのが好きなの?)

 

 

ひとつひとつサイトを確認しながら

これから知ろうとしている

夫の隠されたヒミツを想像すると、

震えがとまらないのでした。

 

 

利用していたチャットサイトは

どんなところなのかと探ろうと

試しにログインしてみた冬。

 

 

そこで知り合った男に

“チャットセックスする場所”だと

教えてもらうのです。

 

チャットセックスとは

画面越しのエッチな会話で

妄想しながら

オナニ―しあうというもの。

 

 

直接女性と会って浮気している

わけではなさそう…

 

少しホッとする冬。

 

 

もしかしたら

隆也の性癖を理解することができれば

 

(セックスレスを)

(解消できるかもしれない)

 

そう考え

ジョーガズムのSMイベントに

参加することを決めるのでした。

 

無料試し読みはこちら

7巻ネタバレ コレって浮気⁉

レス~してくれれば、しなかった~7話ネタバレ

 

偶然、街で出会った智樹と

ジョーガズムのSMイベントに

行くことになった冬。

 

 

(男の人とハプニングバーって)

(浮気って言うんじゃないの⁉)

 

 

自分にツッコミを入れながらも

もう後には戻れない…

覚悟を決めたのでした。

 

そして

店員の男に案内された先には、

冬の知らない未知の世界が・・・

 

下着よりも過激なコスチュームを着てアイマスクをつけた女たち。

 

ラウンジルームの異様な光景を見て、

異世界に来た感覚に襲われてしまうのです。

 

 

それなのに、

お店の奥に入っていくと、

更に過激な行為を

自分の目で見てしまうのです。

 

そこにあったのはカップルルーム。

自分たちがセックスしてる姿を

他人に鑑賞して欲しい

という部屋で、

何組もの男女が夢中でセックスしていたのでした。

 

今日、この店に来た目的は

SMショーを見ること。

 

夫の性的な嗜好を理解すれば

セックスレスを解消できるのではないか?

という1つだけ。

 

なのに、

“パートナーを交換してスワッピングしませんか?”

と誘われてしまうのです。

 

(夫とセックスしたいだけだから)

 

丁寧にお断りをしたあと、

SMショーは始まったのでした。

 

ロープで吊るされて

溶けたろうそくを敏感なトコロにかけられる女性。

 

(智樹もこんな事で興奮するの?)

 

自分には理解できない

非日常的な行為を目の当たりにした冬は、

気持ち悪くて吐いてしまうのでした。

 

 

冬がSMショーを見ていた時、

夫の智樹はセックスチャットで出会ったナツと

 

SMグッズが完備されてるラブホテルで

密会していたのだった・・・

 

無料試し読みはこちら

8巻ネタバレ フユとナツ

レス~してくれれば、しなかった~8話ネタバレ

 

ジョーガズムでSMショーを見た冬。

 

想像以上に衝撃的なステージに

(こんなに痛々しいものが)

(隆也はすきなの?)

吐き気をもよおしてしまったのでした。

 

お店を出てからも

「ああゆうことで」

「快楽を得るって」

「全っ然、理解できない!!」

取り乱してる冬。

 

智樹はそんな冬をなだめながら、

路上ではゆっくり話せないからと

冬の手を引いて、自分のマンションへ連れて行くのでした。

 

一方で、

ついに実物のミヤに
会ってしまった隆也。

 

ラブホテルのSM部屋に

はしゃぐミヤを見つめて

ゴクッ…

ツバを飲み込むのです。

 

ミヤの本名が“ナツ”だと知り、

妻の“冬”と対照的な名前に気まずくなるのでした。

 

 

「わたし、一度縛られてみたくて・・・」

「隆也さんの思うように」

「いじめてほしい…」

 

ドクン…ッ

 

高鳴る心臓

 

冬のことを思い出しながらも

ナツの誘惑に勝てない隆也が手にしたのは、

壁にかけてあったロープ。

 

 

「ご主人さまの」

「この固いペ◯スで」

「姦されたいです」

 

必死に隆也を欲しがるナツ。

 

(これは浮気じゃない)

(ただのプレイだ・・・)

 

冬が相手では立たないのに

ナツの言葉だけで

完全に大きくなってしまっていた・・・

 

無料試し読みはこちら

9巻 ネタバレ 溺れていく夫

レス~してくれれば、しなかった~9話ネタバレ

 

(また、いっぱいいじめて下さいね!)

(ご主人さま♡)

 

ナツからのメッセージを読んで

ニヤリと笑った隆也。

 

それからも

冬の目を盗んでは、

ナツと会うようになったのでした。

 

 

『今夜はノーパンで』

『来ていただけますか?』

 

わざと紳士的に送った

ナツへのメッセージ。

 

ホテルの部屋で

ナツのスカートをめくり上げると、

約束どおりに下着をつけていない

下半身をまさぐる隆也。

 

言葉でののしっていると

フツフツと湧き上がってくる欲望に

ハァ…ハァ…と

息をきらしてしまうのです。

 

 

「ああっ」

「わたしは卑しいメス犬ですッ!」

 

隆也を求めつづけるナツのアソコに

 

ズヌ…

 

ローターを突き立てた隆也。

 

「あ―――ッ!!」

すぐにイってしまったナツを見下ろし

興奮をおぼえながら、

今まで勃たなかったのが嘘のようだ・・・

実感するのでした。

 

(ナッちゃんは)

(一線を越えたがっている)

(オレが…)

(オレがしっかりしないと…)

 

無料試し読みはこちら

10巻ネタバレ 裏切るなんて許さない

レス~してくれれば、しなかった~10話ネタバレ

 

ホテルではなくレストランで

隆也と待ち合わせをしたナツ。

 

(なんてカッコイイんだろう…)

 

スーツを着こなし、
身のこなしもスマートな隆也。

 

平凡な自分の夫「哲」を比べてしまい、

不満を抱いてしまうのでした。

 

さらには

哲とセックスすることも

苦痛になってしまうのです。

 

 

明らかに様子の変わった妻を

怪しいとにらんでいた哲。

 

買い物に行った帰りに

嫌がるナツから強引にスマホを取り上げて

チェックしてみると、

 

隆也と送り合っていたメールを

見つけてしまうのです。

 

「…やっぱり男がいたか」

 

哲は険しい表情で、

スマホを睨みつけるのでした。

 

そのまま、

 

“夫に知られることになったので”

“もう二度と会いません”

 

取り乱すナツを横目に

勝手に隆也にメッセージを送信してしまうのです。

 

 

なんの権利があって

そんな勝手なことをするの…?

 

ショックのあまり

泣きじゃくるナツの後ろの窓ガラスを

 

ドンッ!!

 

力いっぱい殴りつけた哲。

 

「オレは」

「お前の何だ?」

「そこまで色ボケしてんのか?」

「頭冷やせよ、バカ!!」

 

殺気だった表情でナツを

睨みつけるのだった・・・

 

無料試し読みはこちら

11巻ネタバレ 甘い罠

レス~してくれれば、しなかった~11話ネタバレ

 

ナツの夫にバレてしまった以上、

ナツとの関係を終わりにしなければと

落ち込む隆也。

 

(だけど…)

 

どうにかしてもう1度
連絡を取りたい…。

 

最後の賭けで訪れた

サイトのメッセージ欄に

ナツの残した言葉を見つけ

目を見開くのでした。

 

 

さっそく載せられていた

メールアドレスに連絡を入れると

 

“今すぐ会いたい”

 

送られてきたナツからの返信。

 

 

(今行かなければ)

(もう2度とナッちゃんと)

(会えなくなってしまう…)

 

 

仕事のトラブルだと嘘をついて

慌てて出かけて行くのでした。

 

 

冬に泊められても

まったく聞こえていない様子で

 

バタンッ!!

 

強く閉められた玄関のドア。

 

 

冬は茹で上がったばかりの

アツアツのパスタを見下ろしながら

 

(どういうこと…?)

(こんな急に)

(ホントに仕事なの…⁉)

 

呆然と立ちすくむのでした。

 

 

待ち合わせたホテルで

ナツと夢中で愛し合う隆也。

 

 

「今日はどうか」

「ナツのおま◯こを」

「罰してください…!」

 

そう告げられ

隆也は一瞬、戸惑うも、

ついに一線を越えてしまうのだった。

 

無料試し読みはこちら

12巻ネタバレ 消えていく愛

レス~してくれれば、しなかった~12話ネタバレ

 

ナツと最後までセックスできたことで

”じぶんは不能ではなかった”

と、男としての自信を取り戻した隆也。

 

でも、

満足していた隆也とナツは

ホテルの前にいるところを

智樹に目撃されてしまうのです。

 

 

一線を越えてしまった後めたさから
今までより冬に優しくなった隆也。

 

冬の希望どおり

4回目の結婚記念日には

遊園地へ連れて行くことにしたのでした。

 

さらには、

自分から冬にキスをしてしまうのです。

 

(隆也からキスしてくれるなんて)

(いつぶりだろう…?)

 

しかし冬は、

 

(でも)

(全然うれしくない)

 

今までとは確実に変わってきている

隆也への思いに

気づいてしまうのでした。

 

一方、

無断外泊したことを

哲にとがめられたナツ。

 

 

「はっきり言わせてもらうけど」

「あなたとのセックスじゃ」

「満足できないの」

 

開き直ったナツの態度に

カッと逆上して、

 

ダンッ

 

乱暴にナツの頭をテーブルに押さえこみ

 

「こうゆうのが」

「好きなんだろ⁉」

 

「他の男に」

「ヤらせてるくらいにッ!!」

 

強引に挿れてくるのです。

 

初めは強引なセックスに抵抗していたナツ。

 

なのに、

プレイではなく、本当に夫に犯されている状況に興奮して、ひどく感じてしまうのでした。

 

 

(たまらない…)

(もっともっと)

(メチャクチャにして…!!)

 

もっと哲を嫉妬をさせれば

今までみたいな”つまらないセックス”ではなく、

これからも乱暴に犯してくれるかもしれない…。

 

そう考えるのだった。

 

無料試し読みはこちら

13巻ネタバレ あの頃に戻りたい

レス~してくれれば、しなかった~13話ネタバレ

 

結婚記念日に

もう一度隆也と向き合ってみよう

そう決意した冬。

 

恋人同士だった頃のように

仲良く手を繋ぎながら遊園地をまわり、

 

もしかしたら

まだやり直せるかもしれないと

希望を抱くのです。

 

夕暮れ時に乗った観覧車。

 

キスするカップルを真似て

優しく口づけてくる隆也に

 

「わたし」

「子供が欲しい」

 

ずっと伝えたかった言葉を口にした冬。

 

 

その言葉を聞いて驚くも、

ナツで射精できたから大丈夫だろう

自信を取り戻した隆也は、

冬の願いを受け入れるのでした。

 

 

やっと隆也が

セックスする気になってくれたのに

なぜだか気持ちの上がらない冬。

 

(セックスレスも解消して)

(子供だって産めるかもしれない)

 

しかし、

隆也を見るたびに

思い浮かべてしまうのは女の影。

 

 

(こんな気持ちで)

(本当にセックスできるのかな…?)

 

不安いっぱいのまま隆也とベットに入ると、

 

「ごめん」

 

「やっぱり俺」

「ムリみたいだ・・・」

 

うつむきながらつぶやいた隆也の言葉に

 

もう自分たちは本当に

終わりなのかもしれないと

絶望してしまうのでした。

 

無料試し読みはこちら

14巻ネタバレ  もう逃げられない

レス~してくれれば、しなかった~14話ネタバレ

 

「いいの?ナッちゃん」

「俺のチ◯ポが出たり入ったりしてるとこ」

「全部うつっちゃってるよ?」

 

哲を嫉妬させるために

隆也とのセックスを動画にとっていたナツ。

 

画面の中で他人とセックスしてる妻を見せられた哲は、

ナツの狙いどおりに乱暴に抱いてくるのです。

 

「嫉妬しながらのセックスって」

「燃えるでしょ?」

 

自分と隆也がセックスしてるところをその場で見てみない?

と哲にもちかけたミヤ。

 

 

夫に見られながらの

隆也とのセックスを想像し

 

(おかしくなっちゃうくらい)

(気持ちいいはず…)

 

ナツは胸を高鳴らせるのでした。

 

 

柚子のアドバイスで

隆也の浮気の証拠をつかもうとした冬。

 

 

眠ってしまった隆也の指の指紋で

こっそりとスマホのロックを解くと

そこにはナツとの数々のメッセージが。

 

 

(何これ)

(エッチしたいとか会いたいとか)

(恋人同士のやりとりじゃない…!!)

 

落ち込んでひざから崩れ落ちるも、

これは立派な証拠だとスマホでパシャリ。

 

 

隆也とナツの待ち合わせた日。

 

智樹と柚子と共に

2人を尾行することにしたのでした。

 

ナツの腰に手を回して歩き出した隆也。

その姿を見てる冬。

 

決定的な証拠をつかんだ冬は

声をかけるのだった…。

 

無料試し読みはこちら

 

15巻ネタバレ 愛のないセックス

レス~してくれれば、しなかった~15話ネタバレ

 

隆也の浮気が発覚し

すっかり気持ちの冷めてしまった冬。

 

離婚することを決めるのでした。

 

 

ナツとの浮気で
全てを失ってしまった隆也。

 

EDにさえならなければ…

チャットでナツと出会わなければ…

 

後悔にさいなまれる日々を過ごすのです。

 

引っ越し準備のために山積みになった

段ボールだらけの部屋で、

冬から送られてきた“最後のメッセージ”を見て

涙をながす隆也。

 

 

(どれだけ後悔しても)

(遅いけれど…)

(オレはバカだった――)

 

離婚したことを智樹に報告するために

バーを訪れた冬。

 

「僕とセックス」

「してみませんか?」

 

そう智樹に誘われてしまうのです。

 

 

「智樹くんて…」

「愛のないセックスができるの?」

 

 

隆也がなぜ浮気をしたのか

いまだに分からない冬。

 

一緒に過ごしてきた時間を

カンタンに捨てられるほど

他人とのセックスは魅力的なの?

 

智樹と寝てみたら

隆也の気持ちが分かるかもしれない。

 

そう思った冬は

智樹とセックスをするのでした・・・

 

無料試し読みはこちら

レス~してくれれば、しなかった~【感想】

「レス~してくれれば、しなかった~」を最終話まで読んだ感想をひと言でまとめると、

 

離婚した冬は絶対に幸せになって欲しい。

そして、

自分勝手すぎる隆也とナツは、100%不幸になって欲しい!

心から願ってしまいました。

 

漫画のタイトルとキレイな絵を見て、
1巻だけ読もうと思ってたのに、
気付いたら、読破してしまってました。

「レス~」1巻で、

私たちってセックスレスなのかも?

勇気を出して女性からエッチしてって誘って、断られた時の気持ち・・・

を考えてみた時に、
なんだか、ここで読むのを止める事が出来なくなってしまいました。

(セックスレス経験者なら、わかってくれると思います)

 

妻とのセックスの時だけEDになって、
知らない他人の女では勃起するなんて、最低です。

 

「入れてないから浮気じゃない」

なんて、
完全に自分勝手な男の考え方。

じゃあ、妻はどうすれば良いの?
浮気したら許しては貰えないんだよね?

 

自分勝手な隆也と離婚できて
良かったと思います。

(漫画の中で1番美味しい思いをしたのは、バーテンの智也くんでした)

 

“女性向けマンガ”のジャンルで

ここまで性的シーンが描かれている作品は

あまりないのでは?

というくらい、エッチなストーリーで、かなり刺激的でした(笑)

 

夫に浮気されてしまう。

というテーマが描かれているので、

結構暗いストーリーかな?

と思っていましたが、

冬のポジティブな性格のおかげで、そこまで落ち込むこともなく、最後までいっきに読むことができます。

(ストーリーが進むにつれて、隆也に対する嫌悪感は強くなっていきましたけど・・・)

 

隆也の知らなかった性癖を知っても、

他の女とチャットセックスしていることを知っても、

何度も向き合おうとした冬は、本当にスゴイ!

『冬のリアルな心情』は「レス~してくれたら、しなかった」の見どころの1つだと思いました。

 

1巻が完全無料で読めます

無料試し読みはこちら

※「レス」と検索して下さい

-漫画ネタバレ