漫画ネタバレ

漫画「ギルティ」最終話まで全巻ネタバレまとめ

新川優愛さん、小池徹平さん主演ドラマ「ギルティ~この恋は罪ですか~」には原作漫画があります。

作者は丘上あいさん。漫画タイトルは「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」で、先行配信してるまんが王国では殿堂入りしてる大人気の漫画です。

このページではギルティが
「どんなストーリーなのか?」
各話のネタバレを要約して紹介してます。

詳しいネタバレも書いているので、気になる「話」があればチェックしてみて下さい。

(現在漫画版は48話/9巻まで配信中です)

→ギルティ48話(最新話)のネタバレはこちら

8月7日まで
1話・2話・3話が無料で読めます

ギルティ
~鳴かぬ蛍が身を焦がす~

→ 無料立ち読みはこちら

ギルティ~ネタバレ目次

「話数」をタップするとお好きなところにジャンプします。

【1巻】

1話 2話 3話 4話 5話

【2巻】

6話 7話 8話 9話

【3巻】

10話 11話 12話 13話 14話

【4巻】

15話 16話 17話 18話 19話

【5巻】

20話 21話 22話 23話 24話

【6巻】

25話 26話 27話 28話 29話

【7巻】

30話 31話 32話 33話 34話

【8巻】

35話 36話 37話 38話 39話

【9巻】

40話 41話 42話 43話 44話

【10巻】(未発売・話単位のみの配信です)

45話 46話 47話 48話 49話(未)

目次

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~全話ネタバレ

では早速、「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」ネタバレを紹介しています。

1話「子供は欲しくないんだ」

ギルティ-1話-ネタバレ

イケメンで広告代理店の夫がいて、幸せな10年目の結婚生活を送ってる爽。

「子供がほしい」

夫の「一真」に言えずに
悩んでいたのでした。

友達の瑠衣のアドバイスを聞いて一真に本音を伝えることするも、

「ごめん」
「オレ子供は欲しくないんだよ」

はっきりと断られてしまうのです。

返ってきた答えに
2人の間に大きな溝があったことに気付いた爽。

深く傷ついてしまったというのに、

夫と親友だと思ってる瑠衣は

浮気していたのだった・・・

▼つづきはこちら▼

→ギルティ1話ネタバレ

2話「カバンに仕込まれたGPS。監視されてると疑う爽」

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~-2話-画像

一真が自分を裏切って、瑠衣と浮気しているとはまだ気付いていない爽。

(子供を望むことは出来ないけれど)
(これが私たち夫婦の理想の形なのかも・・・)

そう思い直した矢先、
爽のカバンの中から出てきたのは、想像もしていなかったGPSでした…

”幸せだった日常”が一瞬にして崩れていく・・・

▼つづきはこちら▼

→ギルティ2話ネタバレ

3話「浮気を疑われてキレる夫」

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~-3話

一真が浮気をしているかもしれないと疑い始めた爽。

自分からベッドで誘っても断られ、ご飯に誘っても「仕事だから」と嘘をついて断られてしまうのです。

(カズ君はわたしに嘘をついて浮気をしている)

GPSを仕込んだ犯人が一真だと確信した爽はついに、本人に直接確かめてみるのでした。

▼つづきはこちら▼

→ギルティ3話ネタバレ

4話「社内不倫は犯罪と言っただけで犯人に疑われて」

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~-4話

一真と顔を合わせるのがツライ爽。同期の優希と焼肉屋へ行ったのでした。

そこで優希が“上司と不倫をしていること”を知ってしまったのです。

 

翌日、爽たちの働く編集部に匿名で送られてきたのは、優希の不倫現場をとらえた写真。

 

「あんた」
「マジ許さないから」

爽は何もしていないのに、
不倫をバラした犯人だと決めつけられてしまうのでした。

▼つづきはこちら▼

→ギルティ4話ネタバレ

5話「母親は精神科に入院中。父親に捨てられたショックで」

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~-5話-表紙画像

(え?)

(このお店ってもしかして)

爽の担当する雑誌で急遽、『撮影予定の店が使えなくなる』というトラブルが発生。

新しく予約したお店にタクシーで向かって到着した途端、心臓がドクンと高鳴りだすのです。

(ここ、秋山の実家じゃ・・・)

ずっと会いたかった人がドアの向こうにいる

爽は高鳴る胸をおさえながら、
店に足を踏み入れるのでした。

▼つづきはこちら▼

→ギルティ5話ネタバレ

6話「初恋の元カレは既婚者。自分も既婚者」

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~-6話

大好きだった元カレの秋山に、偶然再会してしまった爽。

(お互いに結婚しているし、もう過去のこと)

そう思いつつも、
心の中は秋山のことでいっぱい。

家に帰って出会った記念日をお祝いしてくれた一真の腕の中で、

(カズ君、ごめんね)

元カレを思い出してしまった罪悪感が込み上げ、
心が苦しくなってしまうのでした。

▼つづきはこちら▼

→ギルティ6話ネタバレ

7話「卒アルを塗りつぶす瑠衣に感じた違和感」

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~-7話

出会った記念日に一真が買ってきてくれた残ったケーキを持って、瑠衣の家に遊びに行った爽。

初めて訪れた瑠衣の部屋で
「何か」はわからないけど、違和感を感じるのです。

 

次の日、チートンのマスターに

「爽さんと旦那さんの出会った記念日のケーキを食べた」

と笑顔で話す瑠衣。

(わたし出会った記念日のこと瑠衣ちゃんに言っていない・・・)

瑠衣の口から出た言葉に、
爽は唖然としてしまうのだった。

▼つづきはこちら▼

→ギルティ7話ネタバレ

8話「一真と瑠衣がキスしてるところを目撃してしまって」

ギルティ-8話

『一真と瑠衣が浮気をしているかもしれない』と悩んでいた爽。

秋山に言われた

「誰も信じないで愛想笑いしてるくらいなら」
「思ったとおりにすりゃいいんだよ」

という言葉を思い出し、真実を知る覚悟を決めるのでした。

 

瑠衣のアパートの前で爽が目撃したのは、
部屋から出てきた一真の姿。

爽が見てるとは知らずに、
2人はキスをするのでした。

▼つづきはこちら▼

→ギルティ8話ネタバレ

9話「ぶはははは!浮気される方が悪い」嘲笑されて

ギルティ-9話

「あの女だけは絶対に許せない!」

瑠衣への怒りに震える爽。

若菜の家から自宅に帰る途中、
瑠衣に会ってしまうのです。

「一真と会っているところを見た」

我慢できずに責めると、瑠衣は突然、笑い出したのでした。

 

別人のように豹変した瑠衣に、

夫と浮気したことの怒り、
裏切られた悔しさをぶつけていく。

▼つづきはこちら▼

→ギルティ9話ネタバレ

10話「こんなに醜い自分、大っ嫌い」

ギルティ-10話

一真と瑠衣の浮気を知ってショックを受けていた爽。

秋山の前では平然を装い、平気そうなフリをして笑っていました。

爽の過去を知ってる秋山は

「おまえ、しんどい時」
「そんな風に笑うやつじゃなかったじゃん」

爽のニセの笑顔を見て、素直になれと告げるのです。

 

(こんなに醜い自分、大っ嫌い)

秋山の言葉にガマンしきれなくなって、
爽の目からは涙がこぼれ落ちるのでした。

▼つづきはこちら▼

→ギルティ10話ネタバレ

11話「ごまかそうとするもキレられて」

ギルティ-11話

「カズ君、浮気してるよね」

とうとう一真に切り出した爽。

一向に浮気を認めない一真の態度に爽はガマンの限界を超えてしまい、
今まで溜めていた思いを全部ぶつけていくのです。

 

(もう、ごまかしきれない)

あきらめて浮気を認めた一真。

(泣き叫んでる爽を抱きしめれば許してくれるかも?)

と思うも、
突き飛ばされてしまうのです。

 

次の日の朝。

瑠衣は爽にもっと深いダメージを与えるために、
マンション前で待ち構えていたのでした。

▼つづきはこちら▼

→ギルティ11話ネタバレ

12話「離婚を言われた一真の過去」

ギルティ-12話

テーブルの上に置かれた爽からの手紙を見つけた一真。

手紙には、

『カズ君へ』

「今は一緒にいたくありません」
「しばらく離れて暮らそう」

と書かれていたのでした。

 

(もっと早く向き合っていたら・・・)

手紙をグシャっと握りしめながら頭を抱えて

遅すぎる後悔をするのだった。

▼つづきはこちら▼

→ギルティ12話ネタバレ

13話「何も知らなかったのは私だけ」隠し子の存在を知る

ギルティ-13話

(何も知らなかったのは私だけだったんだな)

若菜の口から
「荻野さんに子供がいる」
と聞いて、

瑠衣が言っていたことは本当なんだ。

と思った爽。

さらには、
一真が瑠衣を自宅に入れていたことに気付き、

(気持ち悪い!)

セックスしたかもしれないベッドを切りつけ、
大切にしていた思い出の物を次々に、壊していくのだった・・・

▼つづきはこちら▼

→ギルティ13話ネタバレ

14話「何してるんだろ…」仕事でもミス連発

ギルティ-14話

仕事でありえないミスを繰り返してしまう爽。

(いったい私は何をしているんだろう)

上司にも叱られクタクタになってしまい、秋山を飲みに誘ったのでした。

 

「お前、ブスだな」

髪もメイクも崩れてる爽を見て笑う秋山。

夫と別居したと爽が言おうとした時、

母が入院してる精神病院から
電話が鳴ったのだった。

▼つづきはこちら▼

→ギルティ14話ネタバレ

15話「お前と連絡とりたいんだよ」絶望する爽に救いの言葉

夫の浮気に、母親の自殺未遂。
襲いかかってくる辛い現実に耐え切れなくなった爽。

夜の浜辺で今まで溜め込んだ不満を全部、秋山にぶつけるのでした。

 

「みんな自分勝手でバカばっか!」

誰とも連絡を取りたくてスマホを海に投げ捨てた爽。

でも、

「これがなきゃ」
「お前と連絡できないだろ」

秋山は冷たい海に入って
スマホを拾い上げてくれたのでした。

▼つづきはこちら▼

→ギルティ15話ネタバレ

16話「あんな可愛い子供が欲しかった」

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~-16話

デパートで偶然、秋山の妻と息子に会った爽。

別れ際、秋山の息子に「ばいばい」とハグをされて

「私もあんな男の子がほしかった」

思わず涙目になってしまうのです。

 

しばらく生理が止まっていた爽は

デパートのトイレで、

妊娠検査薬を取り出すのでした。

▼つづきはこちら▼

→ギルティ16話ネタバレ

17話「何やってるんだろ」離婚届けを出したあとの罠

ギルティ-17話

「わたしと離婚してください」

一真と離婚する決意をして、離婚届を渡した爽。

 

感情を押し殺しながら、
「隠し子がいる事は知ってる」
淡々と告げるのでした。

 

「別れたくない」
と言ってくる一真がまだ瑠衣と浮気してる事を確信した爽は、

怒りをおさえるために
フォークを自分の手のひらに刺し、

「それ、書いておいてください」

流れる血を隠しながら、
静かに席を立って帰っていくのでした。

▼つづきはこちら▼

→ギルティ17話ネタバレ

18話「生きててもいいことなんてない…」

ギルティ-18話

寺島とラブホテルに入っていく所と
下着姿で眠っている所を隠し撮りされ、
会社にバラまかれてしまった爽。

大好きだった仕事は責任を取って、
休職することになってしまったのでした。

「一真に隠し子がいた」
というだけではなく、

「過去に結婚したバツイチだった」
という事を聞かされると、

(生きていたくない…)

というくらい、
絶望してしまうのでした。

▼つづきはこちら▼

→ギルティ18話ネタバレ

19話「塗り潰されていた卒アルのヒミツ」

ギルティ-19話

瑠衣とまだ仲が良かった頃に
瑠衣の部屋で見た卒業アルバムを思い出し、

その中の真っ黒に塗りつぶされた顔写真に
(瑠衣は誰なのかヒントが隠されてるかも?)
と考えた爽。

若菜と2人で
瑠衣の母校を訪れたのでした。

 

瑠衣の部屋にあった物と同じ卒業アルバムを見つけてページを開いていくと、

「!!!」

そこに書かれた名前と写真に、幽霊でも見たかのように震えてしまうのだった・・・

▼つづきはこちら▼

→ギルティ19話ネタバレ

20話「真実を知りたい爽と隠したい秋山」

ギルティ-20話

「そんなの嘘だ」

“瑠衣は秋山の妹”
という真実を知って混乱してしまう爽。

秋山に相談に乗って欲しいのに、
避けられてしまうのでした。

爽から夫や仕事を奪っても
瑠衣の憎しみは満足せず、

次の復讐をたくらんで
悪魔のように笑うのでした。

▼つづきはこちら▼

→ギルティ20話ネタバレ

21話「寺嶋の正体を知り絶望する一真」

ギルティ-21話

(絶対に許さないっ)

瑠衣の悪事にすべて気づいた爽。

知ってる情報を交換するために、
一真を呼び出したのでした。

「瑠衣には“寺嶋”という共犯者がいた」

と告げると、
一真の頭には”ある1人の男の顔”が浮かんでくるのです。

 

「寺嶋の下の名前は・・・?」

爽から聞いた「睦月」という名前に、
一真の顔色が変わるのでした。

▼つづきはこちら▼

→ギルティ21話ネタバレ

22話「元嫁の死の原因は自分のせい…」

ギルティ-ネタバレ-22話

瑠衣の共犯者『寺嶋』が離婚した前妻の弟だと知った一真。

呆然としていた時、
寺島から電話がかかってきたのでした。

爽を残して1人で指定された場所へ向かうも、その場所は墓地。

お墓に刻まれてる「弥生」という名前を見て、

「うそだろ…」

一真はショックで崩れ落ちてしまうのだった…

▼つづきはこちら▼

→ギルティ22話ネタバレ

23話「振り下ろされたナイフへの思い…」

ギルティ-23話-ネタバレ

「寺嶋君やめて!」

睦月が一真に向けてナイフを突きつけている姿を見て凍りつく爽。

睦月の口から
弥生の死と息子「駿」の悲惨すぎる現状を聞いて、ショックを受けるのです。

睦月はずっと恨んでいた一真に向けて
ナイフを持つ手に力を込めたあと、
思いっきり振りかざしていくのだった

▼つづきはこちら▼

→ギルティ23話ネタバレはこちら

24話「明らかになって来た瑠衣の幼少期」

ギルティ-24話-ネタバレ

「瑠衣が変わってしまったのは」
「オレのせいでもあるんだ」

父親からの虐待、そして両親の離婚。

秋山の口から知らされた
瑠衣の悲しすぎる過去

 

「あの子は秋山を好きだったの?」

爽の問いかけに、秋山は静かにうなずいたのでした。

 

瑠衣が爽を恨んでいる理由は

“大好きなお兄ちゃんを独占されたから”

だったのでした。

▼つづきはこちら▼

→ギルティ24話ネタバレ

25話「後輩が残していった最後の手紙」

ギルティ-25話-ネタバレ

職場復帰した爽に上司から手渡された1通の手紙。

睦月に利用されて退職した中村結が、爽に残していたのでした。

 

『荻野さんへ』

手紙を一枚ずつめくっていくと、

次に瑠衣が爽から奪おうとしているモノに気付くのでした。

▼つづきはこちら▼

→ギルティ25話ネタバレはこちら

26話「狙われてしまった蛍太くん」

ギルティ-26話-ネタバレ

爽がこれまでに瑠衣から受けた悪事をすべて聞いた若菜。

「瑠衣を守って来た秋山には教えないで」

と言われていたのに、
娘と遊びに来ていたデパートで、秋山に会ってしまうのでした。

爽を思うと黙っていられなかった若菜。秋山にすべてを伝えてしまうのです

2人が話をしている間、えなちゃんと蛍太の子守りをしていた妻の美和子。

「けいちゃん?」

少し目を話した間に、
蛍太の姿が消えてしまったのでした。

▼つづきはこちら▼

→ギルティ26話ネタバレ

27話「無事に帰って来た息子とおかしくなる美和子」

ギルティ-27話-ネタバレ

「けいちゃん」
「ゆーかいされちゃったの?」

突然消えてしまった蛍太の姿。

瑠衣の仕業かもしれないと思った秋山は急いで瑠衣のアパートへ向かうも、
瑠衣は引っ越したあとで、部屋は空室。

 

手がかりが消えて目の前が真っ暗になってしまう秋山。

その時、

秋山のスマホに電話が
かかってきたのだった。

▼つづきはこちら▼

→ギルティ27話ネタバレ

28話「今とは違うピュアだった瑠衣」

ギルティ-28話-ネタバレ

「まま、どこいくの?」
「おなかすいた・・・」

瑠衣から逃げるために、行く当ても無いまま蛍太くんと電車に乗った美和子。

美和子がいなくなり急遽、爽は秋山の店を手伝うことになったのでした。

 

閉店後に秋山が取り出したのは、
10年前に瑠衣からもらった手紙。

「これ、本当にあの子が書いたの?」

秋山に対するピュアな瑠衣の気持ち。

そして、

突然、豹変してしまった理由を聞いて、言葉を失ってしまうのでした。

▼つづきはこちら▼

→ギルティ28話ネタバレ

29話「家族を救うために義妹とホテルへ」

ギルティ-29話-ネタバレ

「10年前のあの場所で待っているから」

秋山との電話を切ったあと
瑠衣が待っていたのは山下公園。

 

「どうして知ってるんだ?」
「お前は何を知ってるんだ?」

と聞くも、

「ここに入ってくれたら、知ってること話してあげる」

ラブホテルの前で立ち止まったのです。

「入るわけないだろ…」

嫌がる秋山に瑠衣は、

「奥さんと子供の心配したら?」

会わせたことが無いのに
美和子と蛍太の名前を
口にするのだった。

▼つづきはこちら▼

→ギルティ29話ネタバレ

30話「10年ぶりの再会で…」

10年前。

一真との結婚式を直前にひかえていた爽。
偶然、街で秋山と再会したのでした。

 

1週間後にイタリア修行に出発するという秋山の口から、

”別れてからずっと仕舞い込んでいた爽への想い”
を聞かされるのです。

「秋山になんか会いたくなかった」

と言いながらも、
(あの時、本当は)
(別れたくなかった・・・)
という気持ちを思い出してしまった爽。

結婚式は数日後。

(もう遅いよ・・・)

という気持ちを隠して泣いてる爽を秋山は抱き寄せ、キスしてくるのでした。

▼つづきはこちら▼

→ギルティ30話ネタバレ

31話「夫を奪わないで!」会社に乗り込んできた美和子

「うちの人と何回寝たの?」

爽の会社に乗り込んできて
ヒステリックに怒鳴り散らした美和子。

瑠衣に聞かされた
「爽が秋山を自分から奪おうとしている」
という言葉を信じ込んでいたのでした。

守屋が秋山を呼んでくれたおかげで騒動は収まるも、

美和子のスマホから抜き取ったデータに残ってた「万引きしてる動画」を見て、爽は言葉を失ってしまうのでした。

▼つづきはこちら▼

→ギルティ31話ネタバレ

32話「地味な子が結婚できた理由は…」

「なんで、こんなことしたのか教えて」

蛍太を使って万引きしている事を
秋山に知られてしまった美和子。

「結婚当初から瑠衣に脅されていた」
と秋山に告白するのでした。

蛍太を万引きに使ったのは

「バレた時に子供のせいにすれば大丈夫だと思って」

美和子の言葉に秋山は大きなショックを受けてしまうのでした。

▼つづきはこちら▼

→ギルティ32話ネタバレ

33話「せめてもの償い…」

久々に母親の病院へお見舞いに行った爽。

母親が楽しそうに一真と話しをしてる姿を見て、驚いてしまうのです。

「せめて償いをしたい」
そう思って一真は何度も病院に来ては、母親と面会していたのでした。

爽の姿を見つけ、
「蛍太の保育園の前で瑠衣に会った」
と告げる一真。

そして、
「睦月も瑠衣に利用されてたんだ」

一真の口から
弥生の死の真相を聞かされるのでした。

▼つづきはこちら▼

→ギルティ33話ネタバレ

34話「睦月にハメられた瑠衣」

「急ぎの用事があるから来て」
とメールをして、
瑠衣をマンションに呼び出した睦月。

瑠衣が来ても家には入れず、
外に繋がってる高層階の階段で

「弥生の遺品の中から1冊の日記を見つけた」

と瑠衣に伝えるのでした。

日記に書かれていたのは

オギノサヤカ”から嫌がらせを受けてる

という内容だったと教えるも、

「ひどい話ね」
瑠衣は他人事のように無反応・・・

「どうしてお兄ちゃんがいるの?」

下を見ると秋山が慌てた様子で立っていたのです。

(お兄ちゃんが睦月のマンションに来るはずはない…)

“睦月に呼び出された理由”
に気付いた瑠衣が振り返ると…

▼つづきはこちら▼

→ギルティ34話ネタバレ

35話「子供を産めないカラダになって」

「お呼び立てして、すみません」

秋山が呼んだのは、瑠衣の家庭教師だった「泉川」という男。

意識不明の瑠衣の代わりに、
「知ってること」を教えてもらおうと思ったのでした。

泉川の口から聞いたのは、
秋山すら知らなかった瑠衣の悲惨すぎる過去

数日後。
なぜか瑠衣が眠る病室にいた泉川先生。

「君は本当に美しい」
「殺してしまいたくなるほどに」

眠る瑠衣の首に手をかけて・・・

▼つづきはこちら▼

→ギルティ35話ネタバレ

36話

「瑠衣はこんな性格だから、学校に行ったってつらい思いをするだけ」

継母から、瑠衣が学校に行かせてもらえない理由をそう聞かされていた秋山。

でも本当は、

瑠衣の存在を社会から消すために、泉川を家庭教師としてまで雇って、家から一歩も出さないようにしていたのでした。

誰も見ていない場所でタバコの火を押し当てらたり、暴力を振るわれてしまう瑠衣。唯一、秋山だけには心を開いてたのです。

でもそれから1年後。

虐待された怒りの感情を抑えきれなくなった瑠衣は、母親の顔を切りつけてしまったのでした。

37話

『パパへ。勝手なことをしてごめんなさい』

『悪いのは私だけど、パパと生きていくのはもう無理です』

秋山との結婚生活をつづけられないと思い、別れを告げる手紙と一緒に離婚届けを送った美和子。

息子の「蛍太くん」の親権も秋山には渡さないつもりなのでした。

 

その日の夜。
秋山のお店を手伝ったあと、娘の恵那を連れて爽の家に遊びに行った若菜。

「秋山は離婚するんじゃないかな」

秋山の異変を感じたことを爽に話すのです。

その時、

「これ、誰のハンカチ?」

恵那が見つけたのは秋山の息子「蛍太くん」のハンカチ。

(奥さんと別居中だし、2人では会いづらい)

爽はそう思っていたけど、秋山に会いに行ったのでした。

 

バイクに乗せられて秋山が1人で来る秘密の場所に行った爽。

そこで、

「どうして蛍って名前にしたの?」

と聞いてみるのです。

「それは、この場所で両親と見た蛍と・・・」

「お前を忘れないようにするためだよ」

爽を押し倒して、キスするのでした。

 

その頃。

爽の部屋に勝手に入り、昔使っていた携帯電話を見ていた母親。

誰にも言えなかった”高校生の時の爽の日記”を見て、昔を思い出して泣いてしまうのでした。

38話

ギルティ-38話ネタバレ

瑠衣の母親「明奈」が元高級クラブのホステスだったと突き止めた守屋。

そのお店に行き、ママに当時のことを詳しく聞くのでした。

教えてくれたのは、

・美人で客から人気があったこと
・お店を何度も辞めては、戻ってを繰り返していたこと

そして、

「すでに亡くなってる」ということだったのでした。

その話しを伝えようと爽の元ダンナ「荻野」を呼び出した守屋。

荻野にひと通りのことを伝えたあと、

「あの店のママは嘘をついている」
「明奈はまだ生きている」

「そして、瑠衣はその母親の居場所を探しつづけている」

そう伝えるのです。

その頃。

病院で意識不明だった瑠衣は、目を覚ましたのだった。

39話

ギルティ-39話ネタバレ

泉川から電話を受けて、意識が戻った瑠衣を転院させたと聞いた秋山。

「どうして俺に相談しないで、勝手にそんなことをしたんですか!」

怒りながら質問をすると、

「断片的な記憶しか残ってなくて、パニックを起こしました」

「瑠衣のことは僕に任せてください」

と言われるのです。

さらにその夜、
離婚届を受け取った美和子から

『離婚届を書いてくれるとは思いませんでした』

『少しは相談くらいしてくれると思っていました』

メールが届いたのでした。

「蛍太は元気なのか?」

と送っても、

『私よりも蛍太にしか興味がないんですね』

『もう会いたくないって言ってます』

一方的に自分を主張してくる美和子とは会話がつづかないと判断した秋山。そのまま返事を送るのを止めたのでした。

その頃。
家に帰った爽。

自分の部屋の机の上には、引き出しにしまっておいた携帯電話と一緒に

『私のせいで悲しい思いをさせてごめんね』

母親からの手紙が置いてあったのです。

母親がそんな気持ちになってくれたことで、胸が熱くなってしまう爽。

涙を流して泣いていた時、

「会いたい」

秋山から電話がかかってきたのです。

 

秋山のお店で飲んでいた時、

「はじめまして。あきやまるいです」

泉川先生は「家に帰りたい」という瑠衣を、秋山のお店に連れてきたのだった。

40話

ギルティ-40話ネタバレ

数時間前に秋山のお店にやって来た幼児化した瑠衣を見て、正気を失ってしまった爽。

「あの…閉店は2時間すぎてるし、終電も終わったし」

「今日はどうしちゃったの?」

チートンのマスターが心配してしまうくらい、お酒を飲んでしまっていたのでした。

瑠衣の記憶は子供の頃の秋山の家に住んでいた頃のものしか残ってなく、自分はまだ小学生だと思っているのです。

次の日になっても、瑠衣記憶はそのままで幼児化したまま…

若菜の娘の恵那と一緒に遊んで喜んでいるのです。

娘と瑠衣が楽しそうに遊んでるのを見て、記憶喪失は本物だ。と思う若菜。

そして、

自分も忘れていた昔のことを鮮明に話す瑠衣を信じてしまう秋山。

でもただ1人、爽だけは

「あんなひどい事を平気でやった瑠衣なら、子供になりきるくらい平気でやる人間だ」

瑠衣の記憶喪失は演技だと疑うのです。

秋山が瑠衣を残して家を空けた時、瑠衣は秋山の家に戻って来た時からずっと大事に抱きかかえていたぬいぐるみのチャックを開いてスマホを取り出したのでした。

スマホには秋山をダマすために、泉川先生から瑠衣の昔の日記の写真を送られてきてるのだった。

41話

ギルティ-41話ネタバレ

「ずっと仲良し兄妹ごっこしてればいいじゃん」

「私は抜けるから」

本当は秋山を信じていたいけど、今はそう言うことしか出来なかった爽。

それは2か月前のあの事件の日。

瑠衣が転落して意識がない時に

「あんたを許す気はないけど」
「秋山を置いていかないで!」

そう思いながら必死に、心臓マッサージと人工呼吸をして延命措置をしたことが原因だったのでした。

その頃。
駿が暮らしていた施設では

「そろそろおじいさまが迎えに来るわよ」

施設を出ることになっていた駿。

でも、
施設を出た途端、車には乗らずに、走り去ってしまったのです。

そして、

「荻野さん・・・本当にすいませんでした」

寺嶋(睦月)に命令されて、爽をハメて会社を辞めた中村結。

会社に来て爽に謝罪をするも、本当は再び睦月に命令されて、爽を裏切ってしまうのだった。

42話

「むっちゃん、僕だよ」

「駿だよっ」

施設から走って、睦月の部屋の前までやって来た駿。

でも、
睦月は結のアパートで一緒にいるせいで、駿が来たことに気付けなかったのでした。

そんな時にやって来たのは、駿の祖父の命令で駿を探しに来ていた男たち。

気の植え込みに隠れていた時、

「これって・・・」

”あの時の騒動”で睦月が無くしていた”母親(弥生)の日記を見つけてしまうのです。

爽のスマホに公衆電話から着信。

「もしもし」

「もしもーし」

「イタズラなら切りますよー」

電話を切ろうとした時に聞こえてきたのは

「たすけて・・・」

駿くんの声。

待ち合わせ場所に急いで向かうと

「ぼく、むっちゃんに会いたいんだ」

駿に言われてしまった爽。

 

「大丈夫だから」
「大丈夫だよ、駿くん・・・」

 

泣きながらぎゅっと抱きしめている時、
駿がポケットに隠し持っていたナイフでお腹を深く刺されてしまったのだった。

43話

「荻野の子供を欲しがっていた女が、荻野の子供に刺されたなんて」

「超ウケる」

爽が駿に刺されたことを知って、大笑いする瑠衣。

 

そして、駿の身代わりになって出頭した睦月。

爽は輸血をしてなんとか一命を取り留め、入院していたのでした。

 

若菜に言われても、お見舞いに行かない秋山。

守屋に「あれもこれも守ろうとしてるけど、結局誰も守れてない」と言われたことが頭から抜けなかったのです。

 

守屋に会い、家族のことを話していく秋山。

母親が亡くなった原因は、

身体が弱いのに無理して出産しようとしたから。

そして、赤ちゃんと一緒にお母さんは天国へ。

産むのを止めさせられなかった父親は、そのことをずっと後悔。

だから、再婚して瑠衣が来た時には、自分の子供みたいに可愛がった。

自分も「妹ができる」と楽しみにしていた分、瑠衣を大切にしたかった。

これまで誰にも話したことが無い事実を守屋に語るのでした。

 

「じゃあ、次は何をするかわかってるんでしょ?」

守屋に言われて覚悟を決めた秋山。

息子の「蛍太」を見守るために使っていた監視カメラを、瑠衣の部屋に設置するのです。

(どうなんだ…瑠衣…)

(お前の正体を見せてくれ…)

見たい気持ちと事実を知りたくない気持ちに襲われる中でモニターの電源を入れると、

ぬいぐるみからスマホを取り出して泉川と電話をしてる姿が映し出されるのでした。

44話

瑠衣を監視していたモニターを見せながら、

「この家から出て行ってくれ」
「俺になにも言わせるな」

瑠衣を見捨てる宣言をした秋山。

「もう家族を失いたくないと思ってたけど、お前はもう家族じゃない」

「お前は親父を侮辱した上に、俺を死で縛りつけてきたんだ」

そこまで言われた瑠衣は、荷物をまとめて秋山の家を出て行くのでした。

 

瑠衣が向かったのは、爽の家。

「みーつけた」

玄関に立っていた爽の母親が叫ばないように手で口を塞ぎ、

「私を覚えてる?」

記憶があいまいな母親の頭を混乱させていくのです。

 

「いやあああああ」

母親の叫び声が聞こえて玄関に向かう爽。

「どうして私がずっとこんなことをしてるか知りたいよね?」

「その答えはアナタのお母さんが知ってるわよ」

爽の母親は震えながら、

「この女のせいでうちはめちゃくちゃになった」

と話しだすのだった。

45話

爽の家のキッチンにスマホを忘れ、取りに戻った荻野。

玄関を開けると母親が泣き崩れ、爽が呆然としてる姿を見てしまうのです。

「久しぶりね、荻野さん」

「もしかして、元奥さんが誰に刺されたか知らないの?」

「じゃないとこの家にいれるわけないもんね」

荻野を見て、挑発する言葉を言ってくる瑠衣。

さらに、昔のことを思い出してパニック状態になってる母親に

「この男は私とやりまくったあとに、娘さんを捨てた男ですよ?」

追い詰めるような言葉を投げかけるのです。

 

次の日。

「どうしてもお話したいことがあって」

秋山の店にやって来た荻野と守屋。

昨日、爽の家で聞いたことすべてを秋山に話ていくのです。

昨日、瑠衣から

「お兄ちゃんがイタリアに行ってる時に、お前が何をしたか言えよ!」

そう言われても、何も答えられない爽の母親。

「私が言ったって意味がねぇんだよババア!」

大きな声で怒鳴られ、恐怖を感じた母親は

「こ、殺そうとしました…」

父親に逃げられ、爽に執着していた爽の母親。

秋山を許すことができず、イタリアに行ってる兄の代わりに、妹の瑠衣を殺そうとしたのでした。

46話

「爽は…いなくなりました…」

秋山、若菜、守屋の前で深刻そうに話す荻野。

爽は母親の付き添いをするために病院に。

なのに、泣き叫ぶ母親を病室に残して、消えてしまったのでした。

荻野が家に急いで向かうも、荷物をまとめて出て行ったあと。

秋山が「俺のせいだ…まだケガも治ってないのに…」と落ち込んでると、

「それは違うよ」
「俺は昨日、睦月に面会してきた」

「爽さんは通過点の1つでしかない」
「証拠もある」

守屋が口を開いて、昨日のことを話しはじめたのでした。

「証拠は手に入れ次第、秋山くんに送るよ」

そう言って守屋は帰っていくのです。

店に残ったのは、秋山と荻野の2人だけ。

「妹がご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした」

深々と頭を下げたあと、

「爽さんをすぐに探しに行ってあげてください」

「たぶん、変なことを考えています」

「あいつが昔も逃げたことがあったのは、母親が理由の時だけです」

秋山は荻野にお願いするのでした。

47話

爽が行方不明になって3日目。

仕事を終えて帰宅した守屋の家の前には

「泊めて」

爽が座って待っていたのでした。

「お邪魔します」

家に入り、ビールを飲んで、料理を作ってあげた爽。

「守屋だけが知ってることってあるの?」

守屋に聞いてみると、結から渡されたUSBメモリをパソコンに差し込むのでした。

「被害者だから知る権利はあるけど、どうする?」

そう聞かれて、

「今は、いい」

返事をする爽。

「ありがとう」
「ありがとう、守屋・・・」

普段とは違う爽を見た守屋は、

「お前大丈夫か?」
「消えそうに見えるんだけど」

心配になって聞くも、

「死ぬわけないじゃんー」

大笑いしながら、そんなことあるわけない!と言ってくるのです。

「じゃあ、寝るね」
「絶対に襲わないでね」

そう言って眠る爽。

なのに、次の朝守屋が起きると爽の姿はなく、

パソコンに差しっ放しだったUSBも無くなっていたのでした。

48話

「20年前、お父さんはあの子のせいで家を出て行った」

「瑠衣っていうもう1人の娘の存在を知って」

母親からそう聞かされた爽。

爽の頭に浮かんでくるのは

「ごめんな、さやか」

「お母さんに叩かれる父さんが悪いんだ…」

昔、父親と遊んでもらって優しかった父親でした。

でも、父親が母親から暴力を受けていることには

爽の家庭と、瑠衣の家庭を壊す重大な理由があったのでした・・・

▼つづきはこちら▼

→ギルティ48話ネタバレ

ギルティ
~鳴かぬ蛍が身を焦がす~

→ 無料立ち読みはこちら

8月7日まで
1話・2話・3話が無料で読めます

 

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~みんなのレビュー

Miel
最初は旦那が妻を裏切って浮気するだけの漫画って思っていましたが、
まさか瑠衣が爽に復讐をするために旦那に近づいていたとは。
さらに「睦月が登場して瑠衣を利用してたんだ」と思ってたけど、睦月まで利用されていたなんて。
想像できなかったストーリー展開に驚きの連続で最高に面白い漫画です。
Miel
幸せになれる人が1人もいないなんて、このギルティって漫画は凄すぎでした。
Miel
ドラマを見てから漫画を読んだけど、ドラマよりも深くてドス黒い内容でびっくり。
これはドラマの続編が出そうだけど、TVで放送できない内容かも。
Miel
妹のように可愛がっていた瑠衣、ダンナ、同僚、親友、母親、そして大好きな父親にまで裏切られてしまう爽が可哀想すぎる。
「信頼できるのは誰なの?」早く1人だけでも味方になってあげてほしい。
Miel
48話まで読んだところで1番の悪人は瑠衣でも、爽の母親でもなく、これまで登場しなかった爽と瑠衣の父親。
他にも悪いことをしてそうで、どんなストーリーになっていくのか?今から楽しみ。
Miel
脇役なのにしっかりとストーリーにからんでいて、その人たちの人生背景も壮絶なものばかり。
幸せなキャラが1人もいないのは、見てて面白い!
Miel
母親と睦月を守ろうとして、爽を刺してしまった駿くん。
彼だけは幸せになってほしい。
Miel
まだ1回も登場していない瑠衣の母親。
瑠衣とそっくりな顔、そして瑠衣よりも悪女だという彼女。
どうして瑠衣を虐待したのか、その理由も見てみたい。
Miel
後半から出番が多くなってきた守屋と泉川先生。
彼たちの過去も気になる。(特に泉川先生が今でも瑠衣の母親と連絡を取ってるのか?愛してるのか?気になってます)

ギルティ
~鳴かぬ蛍が身を焦がす~

→ 無料立ち読みはこちら

8月7日まで
1話・2話・3話が無料で読めます

ギルティを無料・割安価格で読む方法

ギルティ-無料

漫画「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」は現在、単行本が9巻(44話まで)、分冊版が48話まで配信されています。

全巻そろえると、

<単行本>
550円×9巻=4950円

<分冊版>
110円×48話=5280円

けっこう大きな金額になってしまいます。

「ギルティ」は多くの電子コミックサイトで配信されていますが、下記の6つのサービスは初回登録時に特に特典を多くもらえます。

漫画を購入する前の参考にしてみてください。

サービス名 配信状況 特典

まんが王国

先行配信
48話まで

登録

コミック.jp

44話まで

登録

U-NEXT

44話まで

登録

イーブックジャパン

44話まで

登録

コミックシーモア

44話まで

登録

FOD

44話まで

登録

上記の6サービスではすべてギルティ1話・2話・3話を無料で読めます。

初回登録特典にはなりますが、

コミック.jpでは1350円分の漫画が購入できるポイントがもらえるのでお好きな12冊

U-NEXTでは600円分の漫画が購入できるポイントがもらえるのでお好きな5冊

を無料で読むことができます。

イーブックジャパンでは半額クーポンが6枚もらえるので、6冊分を50%OFFで購入できます。
(半額クーポンを利用する時には分冊版ではなく1冊あたり550円の単行本を購入した方がよりオトクに購入できます)

・コミック.jpは30日以内
・U-NEXTは31日以内
・FODは14日以内

に解約すれば料金は発生しません。

まんが王国、ebookjapan、コミックシーモアは完全無料で利用できます。

 

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~登場人物

荻野 爽(おぎのさやか)

・35歳
・女性ファッション誌の編集部で働いている
・一真と結婚して10年目

荻野 一真 (おぎのかずま)

・爽の夫
・広告代理店に勤務
・優しくてカンペキな夫

瑠衣

・爽の飲み友達
・ニートの彼氏がいる

秋山 慶一

・爽の高校の同級生で元カレ
・イタリア料理の店を開いている
・現在は結婚していて息子が1人いる

寺島

・爽の勤める会社で働くアルバイトの男の子

-漫画ネタバレ
-, , ,