漫画ネタバレ

【ギルティ】6話ネタバレ「お前、老けたな」元カレに再会して揺れるココロ

丘上あい「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~6話ネタバレ・感想・見どころを紹介しています。

ギルティ-6話ネタバレ

ギルティ前回のあらすじ

爽の担当するページの取材先が突然のキャンセル。

仲間たちに見つけてもらった、イタリアンレストランで撮影をすることに。

お店の前で停車したタクシー。

見たことがある場所だけど、知らないお店。

(え・・・このお店ってもしかして)

早くなった鼓動を抑えたまま、お店に入っていくのでした。

→ギルティ5話ネタバレ

ではここから「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす」6話ネタバレを紹介していきます。

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす【6話】あらすじとネタバレ

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~-6話

「おまえ。」

「老けたな・・・」

爽の顔を見た瞬間、
失礼なことを言ってくる男。

この男は「秋山」と言って、
爽が高校生の時に付き合っていた元カレだったのでした。

 

付き合っていた高校生の頃と変わらず、
爽のことを”おまえ”と呼ぶ秋山。

心から大好きだったのに
”ある理由”
で別れなければならなかった爽。

(ずっと会いたかった…)

”おまえ”と呼ばれたことで爽は、
高校生の頃に引き戻されてしまうのでした。

 

撮影後に残ってしまった料理を

「朝からなんにも食べてなくて」

本当はお腹いっぱいなのに、残さず食べる爽。

秋山がせっかく作ってくれた料理を
残すことが出来なかったのです。

 

カウンターに立つ秋山の左手の薬指に指輪を見つけ、
結婚してることを知るのでした。

 

爽が自宅に帰ると
ホールケーキを持って現れた一真。

”2人が出会った記念日”
を覚えていて、準備してくれていたのです。

毎年2人でお祝いをしているのに、
すっかり忘れていた爽。

謝る爽に一真はキスして

「さーちゃん」
「これからもずっと一緒にいてね」

ギュッと抱きしめるのでした。

 

昼間からずっと
秋山のことばかり考えていた爽は、

(カズくん)

(ごめんね…)

自分には一真の浮気を疑う資格はないと、

自分自身を責めるのでした…

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす【6話】感想と考察

「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」第6話。

爽の気持ちを考えると、
胸がズキズキ痛くなってしまいました・・・

6話の前半で、

「おまえも結婚したんだな」

名刺を見て、爽の苗字が「コダカ」から「荻野」に変わっていて、結婚したことを知った秋山。

そう言われて思わず、
指輪をしてない手を握りしめた爽

(秋山には知られたくなかった…)

爽の心の声が聞こえてきた気がしました。

こんな状態で爽が一真と瑠衣の浮気を知ってしまったら…

「これからどんな展開になってしまうんだろう?」

想像するだけでドキドキしてしまった「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」第6話でした。

Miel
次回のネタバレはこちら

→ギルティ7話ネタバレ

ギルティ
~鳴かぬ蛍が身を焦がす~

→無料立ち読みはこちら

「ギルティ」と入力してください

期間限定で
1巻・2巻・3巻が
無料キャンペーン中です。
(8月7日まで)

Miel
 「ギルティ」のネタバレ全巻まとめました。

こちらのページでは
「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」
1巻から最新話まで全話ネタバレをまとめています。

→ギルティネタバレ全巻まとめ

無料で読む方法、読んだ人の口コミなども紹介しているので、お時間があれば遊びに寄ってみて下さい。

-漫画ネタバレ
-, ,