ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~

ギルティ~32話ネタバレ「可哀想な子を演じれば結婚できるかも」

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~-7巻

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~32話ネタバレ・感想・見どころを紹介しています。

ギルティ前回のあらすじ

「あの人がウチの主人を奪ったんです!」
「うちの人と何回寝たの?」

爽の会社に乗り込んできて
大騒ぎして怒鳴り散らした美和子。

守屋が秋山を呼んでくれたおかげで騒動は収まるも、

美和子のスマホから抜き取ったデータに残ってた子供を利用して万引きしてる動画を見て、爽は言葉を失ってしまうのでした。

→前回のギルティはこちら

ではここから「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす」32話ネタバレを紹介していきます。

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす 32話ネタバレと見どころ

 

「なんで、荻野さんの会社に行ってあんな事をしたのか?」

「正直に教えて」

自分の店に戻り、美和子と真剣に話しをする秋山。

 

「パパは私が見えてた?」
「見えてないと思って、ずっと不安だった・・・」

美和子は手を膝の上に置き、震えながら話し始めたのでした。

 

両親が亡くなって残されたのは、美和子と弟と妹のまだ小さい姉弟たち。

親戚に引き取られて生活する中で、弟と妹は可愛がれるも、美和子が可愛がられることはなかったのです。

 

親戚に少しでも気にして欲しくて万引きをしても、お店の人に見つかることも無かったのでした。

 

高校を卒業する時に、

「この家を出て1人暮らしする」

と言っても反対されることはなく、

(私はいてもいなくても同じな透明人間なんだ)

と自分で強く思うようになったのでした。

 

レストランでバイトをしていた時、秋山と知り合った美和子。

洗い物をしてボロボロになってる手を見た秋山に、優しくされたのです。

そのことがきっかけで、美和子は秋山を好きになっていたのでした。

 

そのあと、イタリアに修行に行ってしまった秋山。

美和子は秋山が帰国した時に同じお店でまた働きたくて、レストランの仕事を頑張ったのでした。

 

イタリアでの修行が終わり、日本に帰って来た秋山。

美和子は秋山の新店舗の面接に行くも、顔は忘れられていてたのです。

 

でも、洗い物をしていた時に
あかぎれが出来ていた手を見られて、

「一生懸命の手の子だ・・・」

秋山は美和子を思い出してくれたのでした。

 

そんな些細な幸せを感じていた時、
瑠衣が美和子の前に現れたのでした。

「こんなキレイな妹さんがいるなんて知りませんでした」

「お店に行って呼んできましょうか?」

秋山の妹ということで、大切に接する美和子。

 

瑠衣は

「うちは仲が悪いんでいいです」

「会ったことは内緒にしておいてください」

と言うのです。

そのあと、

「お兄ちゃんはアナタみたいな女性」
「好きだと思いますよ」

無責任にも、美和子をそそのかすような言葉を言ってしまうのです。

 

瑠衣に出会ったことで、田舎に置いてきた弟と妹を思い出した美和子。

久しぶりに親戚の家に電話をかけてみると、

「あんまり電話してこないでね」

美和子を忘れてる弟たちを混乱させたくないから。と、言われてしまうのでした。

 

(帰る場所も無くなり、完全に1人ぼっちになってしまった・・・)

瑠衣に言われた

「お兄ちゃんって、困ってる人を放っておけないんですよ」

という言葉を思い出し、美和子は”自分が可哀想な人間だ”という事をアピールしていくのです。

 

瑠衣が言っていた通り、美和子に優しくしてくれる秋山。

2人の距離は少しずつ縮まり、交際できたのでした。

幸せな毎日を過ごす中、

(自分を好きになったのではなくて)

(可哀想な人を見捨てられないだけではないか?)

秋山をダマしてしまってる罪悪感にかられた美和子は、ストレスで万引きを繰り返していたのです。

 

「いつ捨てられてしまうかわからない」

交際していても不安な美和子に、近づいてきた瑠衣。

「既成事実を作った方がいい」
「今でも忘れられない女性がいるから」

早く妊娠して結婚した方がいい。とアドバイスをするのです。

ピルを飲んだとウソをつき、
美和子は予定どおり妊娠したのでした。

お祝いするために家まで来てくれた瑠衣に

自分がウソをついて妊娠できたことをすべてを話してしまうのです。

 

瑠衣が美和子の家から帰る時、

さっきの会話を録音した音声と
万引きしてる動画を見せられてしまうのでした。

 

出産してからも、

瑠衣にバラされたら捨てられるかもしれない・・・

という恐怖で万引きを繰り返していた美和子。

息子を利用すればもしバレても、

子供のせいにできる・・・

と考えてしまっていたのでした。

 

「俺のせいだよな。ごめん・・・」

秋山が美和子にあやまっていた時、

保育園では誰も迎えに来てくれない蛍太くんに

魔の手が迫っていたのだった・・・

ギルティ
~鳴かぬ蛍が身を焦がす~
32話無料試し読みはこちらです

→32話無料試し読みページ

(「ギルティ」と検索して下さい)

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~32話感想と見どころ

「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」第32話。

・幼少期のつらい経験。
・ピルを飲まなかった事実。
・罪悪感にさいなまれて、万引きをしてしまったこと。
・子供のせいにすれば、全部許されると思っていたこと。
・瑠衣と過去に会っていたこと。

これまでに抱えてきた闇をすべて、秋山に伝えた美和子。

秋山の深すぎる優しさと、瑠衣の残酷さが際立った内容でした。

今回の32話では、
重大なことがもう1つ明らかになっています。

それは瑠衣が子供が生めないカラダだということ。

一真に昔、瑠衣が同じことを言った時は

「一真を繋ぎとめるためのウソ」

だと思っていたけど、

「私、こども産めないですもん」
「元気赤ちゃん産んでくださいね」
「お義姉さん…」

妊娠中の美和子に言った時の顔は、
自分の代わりに妊娠してくれてありがとう。
という本心が伝わってきました。

ギルティ
~鳴かぬ蛍が身を焦がす~

→32話無料試し読みはこちら

(「ギルティ」と検索して下さい)

次回の
「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」
ネタバレはこちら

→ギルティ33話ネタバレはこちら

 

期間限定
ギルティ
~鳴かぬ蛍が身を焦がす~
第1巻が無料で読めます

1話から5話まで収録されてる「1巻」を無料で読む方はこちらです。

→「ギルティ」1巻を読む方はこちら

→「ギルティ」1話~5話をまとめて読む方はこちら

ギルティのネタバレ全巻まとめました!

こちらのページでは
「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」
1巻から最新話まで全話ネタバレをまとめています。

→ギルティネタバレ全巻まとめ

無料で読む方法、読んだ人の口コミなども紹介しているので、お時間があれば遊びに寄ってみて下さい。