ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~

ギルティ~28話ネタバレ「ごめんな。お前だけは絶対に傷つけたくなかった」

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~-6巻

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~28話ネタバレ・感想・見どころを紹介しています。

ギルティ前回のあらすじ

「けいちゃん」
「ゆーかいされちゃったの?」

トイレから突然、消えてしまった蛍太の姿。

瑠衣の仕業かもしれないと思った秋山は急いで瑠衣のアパートへ向かうも、すでに引っ越したあと・・・

手がかりがなくなり、
目の前が真っ暗になっていた時、

交番から秋山のスマホに
電話がかかってきたのだった。

→前回のギルティはこちら

ではここから「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす」28話ネタバレを紹介していきます。

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす 28話ネタバレと見どころ

ギルティ-28話-ネタバレ

「よう、久しぶり」

撮影スタジオで爽が会ったのは、守屋(もりや)という同期の男。

離婚した爽を「元荻野」と呼んだり、デリカシーが無い男で昔から苦手なのでした。

 

プライベートに土足で踏み込まれて、疲れ果ててしまった爽。

スマホを見ると、秋山からの着信が山のように入っていて、

(もしかして…また)
(けいたくんに何かあったの?)

心配になって急いで秋山の店に向かうのでした。

 

お店のドアを開けると、忙しく走り回ってる秋山の姿。

(無事だったんだ・・・)

ほっと安心するも、

「手伝え・・・」

心配して様子を見に来ただけなのに、お店を手伝わされてしまうのです。

 

「奥さんはどうしたのよ!」

お店をいつも手伝ってるのは、妻の美和子。

なのに今朝、
秋山に何も言わずに、蛍太くんを連れて実家に帰っていたのでした。

 

お店が閉店したあと。

瑠衣が爽の母親を苦しめていたこと。

好きなファッション誌の仕事を失わせてしまったこと

を謝ってくる秋山。

 

「もういいよ」
「そのことは・・・」

イヤ記憶を思い出したくない爽は、話しを終わらせようとするのです。

秋山がポケットをごそごそしたあと、

「読んでいいよ」

爽に手渡したのは、
10年間にイタリア修行に行く前に、瑠衣からもらった手紙でした。

 

手紙には、

『お兄ちゃんがわたしのすべてでした』

『幸せになってください・・・』

今とは別人みたいで想像も出来ない素直な気持ちが書かれていたのでした。

 

(本当に秋山のことが)
(大好きだったんだな…)

瑠衣の気持ちを知って、言葉を詰まらせてしまうのでした。

 

瑠衣から手紙をもらう前まで毎日にように

「私だけ見てくれなきゃ死ぬ」

「本当に死のうとしたこともあった」

と話してくる秋山。

 

でも手紙に書いてる

「ずっと苦しめてごめんなさい」
「お兄ちゃんも幸せになって下さい」

というメッセージを見て、

これでやっと瑠衣から解放される

と思ってしまったのでした。

 

瑠衣から逃げたせいで爽が恨まれ、
家庭も仕事もすべてを失ってしまったことに、

「ごめんな」

「おまえだけは絶対…」

「傷つけたくなかったのに…」

自分を責め続けていた秋山は、爽の腕の中で涙を流すのでした。

 

眠ってしまった秋山を起こさないようにそっと帰っていく爽。

静まりかえった店内で眠っていた秋山は、

瑠衣からの着信で目を覚ますのでした。

ギルティ
~鳴かぬ蛍が身を焦がす~
28話無料試し読みはこちらです

→「ギルティ」28話無料試し読みページ

→「ギルティ」28話無料試し読みはこちら

(画像タップで公式サイトへ移動します)

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~28話感想と見どころ

「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」第28話。

「ずっと謝れなくて・・・」
「ごめん・・・」

瑠衣から逃げていたせいで、すべてを失ってしまった爽に、やっと謝ることが出来た秋山。

「お前だけは絶対に傷付けたくなかったのに・・・」

爽の腕をギュッと握って涙を流す姿は、優しさと誠実さと強い使命感を感じて、胸がいっぱいになりました。

今回の28話では、
「瑠衣の秋山に対する異常な想い」と「瑠衣の母親について」も少し判明しました。

「わたしだけを見てくれなきゃ」
「死ぬから」

母親の虐待をずっと耐えてきて、やっと見つけた秋山という温かい心のよりどころ。

でも、
その場所は爽に奪われた。と勘違いしていて・・・

秋山の気を引くために自殺未遂を繰り返してしまったのは、思春期の不安定な精神状態ならしょうがないかもと思いました。

瑠衣を虐待して問い詰められて離婚を決意するも、瑠衣を引き取るのが離婚の条件。

瑠衣は母親に引き取られてしばらく一緒に生活するも、ふたたび秋山の家に戻ってきて・・・

その期間に何があったのか?

気になるところは多いのですが今の瑠衣を見ていると、

きっと幸せではなかったんだろうな・・・

と思います。

「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」28話の最後で瑠衣から電話がかかってきた秋山。

瑠衣が口にした
「10年前にあの女といた場所で待ってるよ」
という言葉に、過去の真相がわかりそうな予感がします。

次回の
「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」
ネタバレはこちら

→ギルティ29話ネタバレ 

ギルティ
~鳴かぬ蛍が身を焦がす~
28話無料試し読みはこちらです

→「ギルティ」28話無料試し読みページ

→「ギルティ」28話無料試し読みはこちら

(画像タップで公式サイトへ移動します)

期間限定
ギルティ
~鳴かぬ蛍が身を焦がす~
第1巻が無料で読めます

1話から5話まで収録されてる「1巻」を無料で読む方はこちらです。

→「ギルティ」1巻を読む方はこちら

→「ギルティ」1話~5話をまとめて読む方はこちら

ギルティのネタバレ全巻まとめました!

こちらのページでは
「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」
1巻から最新話まで全話ネタバレをまとめています。

→ギルティネタバレ全巻まとめ

無料で読む方法、読んだ人の口コミなども紹介しているので、お時間があれば遊びに寄ってみて下さい。